【痩せ夜食No.1!】マイブレイクレッドスムージーに注目☆
近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種
夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ

閉じる

手軽・太らない・コスパOK!22時以降のおすすめ夜食を調査 » 夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ » それでも食べたい!どんなものならOK?

それでも食べたい!どんなものならOK?

夜食は体に悪い、と知りつつも、お腹が減りすぎると、精神的にも肉体的にも辛いですよね。実際、空腹時は頭に血液が回されている状態であるため、頭が冴えてしまい、眠りにくくなります。

太りにくく、病気につながるリスクの少ない食べ物を選べば、夜食を恐れる必要はありません。

夜中に食べても太りにくく、病気につながりにくい食べ物

温かいもの

夜食にはなるべく温かいものを選びましょう。冷たい食事は、胃に負担をかけてしまいます。糖や脂質の多いアイスクリームや、要冷蔵のデザート類はおすすめできません!

消化の良いもの

これも胃腸に負担をかけないための必須条件です。夜中に食べる唐揚げなどのホットスナック類は魅力的ですが、野菜などのヘルシーな食材と比べて、胃の中に留まる時間が長くなるという性質があります。これが翌朝の胃もたれや体のだるさを引き起こすのです。

満腹感が得られるもの

お腹いっぱいに食べると、食べた分が脂肪に回されてしまうため、理想は腹六分目程度。とはいうものの、満腹感がないと眠れないのも問題です。

水分が多く含まれているものを食べると、量のわりにお腹が膨らむので、満腹感が得られます。

夜中に食べるのはNGな食べ物の条件

カロリーが高いもの

ダイエットでも鉄則ですが、必要以上のカロリーを摂取すると、その分は脂肪となって体に溜まってしまいます。

そうでなくとも、夜の食事は、食べたものが脂肪になりやすいもの。カロリーが高いものは選ばないようにしましょう。

目安は200キロカロリー未満です。

糖質・脂質が多いもの

糖質は、体のエネルギーとして使われるものですが、使われなければ中性脂肪として体に溜められます。

脂質は、糖質が不足した時に、初めてエネルギーとして使われる栄養素。夜は活動量が少ない時間帯なので、あっという間に脂肪に変わってしまいます。

夜食におすすめなのは、OK条件を満たし、NG条件を避ける食べ物。「そんな食べ物って何?」と悩んでいる方は、管理人がピックアップしたおすすめ商品があるので、そちらを参考にしてみてください。

スムージーの夜食おすすめポイントをもっと詳しく見る
マイブレイクレッドスムージーイメージ
低カロリーでコスパがよく、美容成分も入っていたら最高。そんな夜食10種を検証しました!
詳細はこちら