【痩せ夜食No.1!】マイブレイクレッドスムージーに注目☆
近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種
夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ

閉じる

手軽・太らない・コスパOK!22時以降のおすすめ夜食を調査 » 夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ » 夜の食事で太るワケ

夜の食事で太るワケ

夜食が体に悪い理由をメカニズム面から知ることで、夜食が欲しくなってしまう理由や、夜食が体に及ぼす影響を理解できます。

夜食を食べると太る理由

夜は昼間に比べて、活動する時間が短いため

一般的に、昼間は活動する時間で、夜間は眠るだけの時間です。

食事を食べて、お風呂に入って、日常生活の家事をちょこちょこ行い、あとは眠るだけ。カロリーが消費される場面はほとんどありません。

消費されない分はどこへいってしまうのかといえば、脂肪分として体に蓄えられるのです。

これが、夜食を控えるよう言われる理由のひとつ。

夕食を食べた分に加えて、夜食のカロリー分も上乗せされて、余計な脂肪になってしまうからです。

BMAL1(ビーマルワン)の活動が活性化しているため

BMAL1は時計遺伝子のひとつ。脂肪細胞のなかで脂肪酸やコレステロールを作りだし、蓄積させる作用を持ちます。

このBMAL1は、体内に存在する量が、時間帯によって異なるという特徴があります。活性化する時間帯は、およそ起床してから14~20時間後です。例えば朝7時に起床すると、夜9時~深夜1時頃が活動のピークに。そのときのBMAL1の活性化量は、最も少ない時間帯の20倍にも達します。

例えば…
最もBMAL1が少ない時間が15時、多い時間が22時だとします。
それぞれの時間帯で同じケーキを食べた場合、22時以降に食べたケーキは、15時に食べたケーキよりも、20倍の脂肪分となって体に蓄えられる可能性があるのです!

夜はもともと人間が活動を休める時間帯。そのうえ、BMAL1が活発になるので、余計に体に脂肪が付きやすくなります。だから夜食はおすすめできないと言われているのです。

それでも、仕事が忙しかったり、夜遅くまで作業をしていたりして、小腹が空くこともあるでしょう。

どうしても何か食べたい、と思ったら、我慢をせず、体に脂肪がたまりにくい食品を選ぶのも選択肢のひとつ。夜食としておすすめの食品を検証してみたので、参考にしてみてください。

スムージーの夜食おすすめポイントをもっと詳しく見る
マイブレイクレッドスムージーイメージ
低カロリーでコスパがよく、美容成分も入っていたら最高。そんな夜食10種を検証しました!
詳細はこちら