【痩せ夜食No.1!】マイブレイクレッドスムージーに注目☆
近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種
夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ

閉じる

手軽・太らない・コスパOK!22時以降のおすすめ夜食を調査 » 近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種 » 青汁

青汁

夜食に青汁はどんな風に役立つのか。特徴や夜食にいい理由、代表商品の実食レポートで紹介します!

青汁が夜食に良い理由

青汁は大抵、粉末状のものが個包装になっていて、保管するのに場所を取りません。粉で溶かせば完成するので、サッと作れるのがうれしいですね。

低カロリーでありながら、毎日の食事で不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維などがしっかり補えます。健康面でも効果が期待できます。

青汁の特徴

ひと昔前までは、テレビのバラエティ番組の罰ゲームとして「青汁一気飲み」なんてコーナーがあったくらい、不味い飲み物の代名詞だった青汁。

最近では、味の改善も進み、健康食品、ダイエット食品としての市民権を得ているようです。

大麦若葉・ケール・小松菜・ヨモギ・抹茶等の青野菜を中心とした飲み物で、食物繊維が豊富。便秘やむくみ解消、デトックス効果が期待できるといわれています。

夜食に適しているか検証

本搾り青汁 プレミアム

カロリー コスパ 美容成分

(25kcal)
×
(144円程度)
  • 食物繊維
  • ケール
  • 各種ビタミン・ミネラル

青汁は、コンビニでも簡単に購入できます。

ただ、紙パックで1本100円前後の青汁をいちいちコンビニに立ち寄って購入するのは、手間がかかるしコストパフォーマンスも悪いので、一気に購入できる通信販売を利用しました。

今回の検証に利用したのは「本搾り青汁 プレミアム」です。

本搾り青汁 プレミアムの夜食・ダイエット食品としての口コミ

「冷凍の青汁よりも飲みやすく、青臭さがありません。着色料や保存料が無添加であることや、むくみやお通じに効果があって助かります。1日1本が目安なので、継続しやすいのもうれしいです」

「野菜不足を補う目的もあり、青汁を飲みました。水やジュース、牛乳で溶かすと美味しく飲めます。まだ2日目ですが、さっそくお通じが良くなったので、しばらく続けていきます」

本搾り青汁 プレミアムの実食レポート

コップに入れて、スプーンでかき回せばすぐに混ざります。ただ、飲んでみると、青臭さや苦みはまさに「青汁」という感じ。夜食として「わーい飲むぞ!」という気分にはなれませんでした。

低カロリーで栄養満点なのは夜食として合格ですが、一食分の価格がちょっとお高め。継続できるか難しいところです。

便秘解消といった健康面では効果があるかもしれませんが、美容に良い成分がそれほど入っていないのも残念です。

スムージーの夜食おすすめポイントをもっと詳しく見る
マイブレイクレッドスムージーイメージ
低カロリーでコスパがよく、美容成分も入っていたら最高。そんな夜食10種を検証しました!
詳細はこちら