【痩せ夜食No.1!】マイブレイクレッドスムージーに注目☆
近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種
夜の食事が体に及ぼす影響と回避法まとめ

閉じる

手軽・太らない・コスパOK!22時以降のおすすめ夜食を調査 » 近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種

近所で買えちゃう・通販でラク安!おすすめ夜食10種

小腹が減るとついつい手を伸ばしてしまう「夜食」。健康的な夜食生活を継続させるために、食材を厳選することにしました。

「体に良さそうなもの」や「ダイエットとしてよく使われる」というイメージと、夜食の条件として次を設定。

その結果、数ある食材のなかから、とりあえず10種の食品まで絞り込むことに成功しました!

太らないかどうか検証した夜食一覧

スムージー

野菜や果物の栄養素、食物繊維などを一気に摂取できるヘルシーな飲み物。

スムージーの良さをそのままに、健康や美容効果が期待できる成分がたっぷり入っている「マイブレイクレッドスムージー」をチョイス。なぜ夜食としてぴったりなのか、検証してみました。

>>スムージーが夜食におすすめな理由をもっと見る

ゼリー

甘くて食感も楽しいゼリー。果汁のみタイプ、果物が入っているタイプなど、さまざまな商品がありますが、今回は寒天で作られた0キロカロリーゼリーの効果をリサーチしました。

>>ゼリーが夜食におすすめな理由をもっと見る

野菜スープ

どんなに料理が苦手な人でも、簡単に作れる野菜スープ。一回で大量に作れるので、工夫すればコストパフォーマンスも上げられます。

温かいメニューなので体温が上がり、基礎代謝を上げる温活にもぴったり。

>>野菜スープが夜食におすすめな理由をもっと見る

青汁

健康ブームもあり、飲みやすさが改善された青汁。野菜不足を補う健康食品のみならず、ダイエットや美容面を強化しているタイプの青汁も出てきました。

色んなタイプの商品があるなかで、今回は「フルーツ青汁」で検証しています。

>>青汁が夜食におすすめな理由をもっと見る

ヨーグルト

牛乳を乳酸菌で発酵させた食材・ヨーグルト。加糖や無糖タイプのほかに、フルーツが入っていたり、ハチミツやソースが付いているものまで、バラエティが豊富です。

色んな種類があるなかで、どのようなものをどうやって食べれば、夜食としてぴったりなのか、検証しました。

>>ヨーグルトが夜食におすすめな理由をもっと見る

バナナ

豊富な栄養と、スポーツ選手も利用する消化の良さが魅力。1日3食のうち、どれかの食事をバナナに置き換えるダイエットや、ちょっとした工夫を加えて健康になる調理法が実にたくさんあります。

今回はオーソドックスにバナナを食べるだけという形で検証しました。

>>バナナが夜食におすすめな理由をもっと見る

うどん

消化が良く、パンや白米に比べるとヘルシー。どこでも入手でき、レンジでチンすれば完成する気軽さも夜食としてぴったり。食材との組み合わせで、実にバラエティに富んだメニューが完成します。

そんなうどんは夜食としてぴったりなのか、検証しました。

>>うどんが夜食におすすめな理由をもっと見る

こんにゃく

ローカロリー食としてしばしば挙げられるこんにゃく。夜食としては、茹でるなどの何らかの調理をしないと食べられないのがネックでした。しかし、最近はインスタントで手軽に食べられる「こんにゃく麺」も登場し、夜食の幅が広がりました。

インスタントで加工されたこんにゃくのポテンシャルはどんなものか検証してみました。

>>こんにゃくが夜食におすすめな理由をもっと見る

おでん

寒くなると、恋しくなってくるのが出汁の効いたおでん。秋冬期間になると、各コンビニが定番メニューとして用意しているので、購入も難しくありません。

さまざまな具材があるなかで、どのようなものをどうやって食べれば、夜食としてぴったりなのか、検証しました。

>>おでんが夜食におすすめな理由をもっと見る

ナッツ

アーモンドやクルミ、カシューナッツやマカダミアナッツなどの木の実類(ちなみにピーナッツはナッツではないことに注意!)。

最近はナッツに含まれる美容効果が話題となり、アーモンドミルクなども目にする機会が多くなりました。美容効果に加えて、噛み応えがあるので、少量でも満足できます。

>>ナッツが夜食におすすめな理由をもっと見る

スムージーの夜食おすすめポイントをもっと詳しく見る
マイブレイクレッドスムージーイメージ
低カロリーでコスパがよく、美容成分も入っていたら最高。そんな夜食10種を検証しました!
詳細はこちら